真夏のオーロラエクスキューション

ポケモンorasの対戦に関するブログです。好きなメガ進化はメガユキノオー。

【ポケモンSMシーズン5】メガユキノオー地雷構築【最高レート1949】

アズールです。

ポケモンSMシーズン5お疲れ様でした。

ユキノオーのメガストーンが僕でも手に入ったので久しぶりにレートやりました。

結果は

最高レート1949

最終レート1847

でした。

f:id:rashikichi:20170919185200p:plain

 

2000いけるかなと思った最終日にボロボロでいけなくて悔しかったですか、SMでは自己最高レートなので記録残しておこうと思います。

 

 

f:id:rashikichi:20170919183027p:plainユキノオー@メガストーン

実数値 : 191(204)-160(60)-126(4)-198(220)-128(12)-45

吹雪/ギガドレイン/氷の礫/地震

構築の軸にして存在自体が地雷。

ポケモンSMにおけるメガユキノオーの運用で語っているようにキツイ相手は多いものの、ある一定の構築に対しては安定感がある。

当初はトリルエースとして勇敢個体を使っていたが、ユキノオーがエースで全抜きするポケモンではなかったので、過去の冷静個体を再び採用した。

ナットレイで隠キャサイクル仕掛けてくる相手に吹雪で負荷をかけたいので冷静は便利。

技は礫、吹雪、ギガドレインと交換読みや起点回避の地震を採用した。

一応ギルガルドのZシャドーボールを耐えて、返しの地震で返り討ちにできるが、やったことはない。

メガすれば割と耐久はあるけど、メガ前で水ポケモンに後出しすると意外と脆いので注意。

ORASの調整そのまま持ってきたけど、特に明確に困ってはいない。

最低限の耐久は確保しつつ、Aにできるだけ振って火力を伸ばしても、礫の威力は全く信用できないので注意。

 

f:id:rashikichi:20160928104735p:plainヒードラン@食べ残し

 

197(244)-x-126-150-165(188)-107(76)

マグマストーム/大地の力/毒々/守る

本PTにおけるユキノオーのお供、穏やかドラン。

割といろんなリザードンに有利で、あとユキノオーが突破できないようなめんどくさい耐久ポケモン(主にポリゴン2やラッキー)を毒々で嵌めたり、テテフを受けたり、いろんな役割を一手に引き受ける仕事人。

格闘技の一環さえどうにかできれば技範囲の補完も耐性の補完もGood。

ドヒドイデは大地の力で押し込めるので、後出ししてきたらラッキー。

マグマストームを当てるヒードランは強い。 

 

f:id:rashikichi:20160928105802p:plainランドロス@ゴツゴツメット

191(212)-166(4)-156(252)-x-101(4)-116(36)

とんぼ返り/地震/岩石封じ/ステルスロック

格闘技の一環を切るクッション。

バシャーモ対策その1。

バシャーモなどの物理アタッカーをスリップで削る役割。
大体フレドラ2回受けると、ユキノオーの礫圏内に入る。

クッション性能は素晴らしいが、物理受けとしての力はそこまで高くないので過信はしてはいけない。

本PTの過労死枠で、ランドロスがやられた後の格闘の一貫性がやばい。

 

f:id:rashikichi:20170919183733g:plainカプ・コケコ@こだわりスカーフ

145-122-105(4)-147(252)-95-200(252)

10万ボルト/とんぼ返り/マジカルシャイン/ボルトチェンジ

ストッパー役。

バシャーモ対策その2。

ギャラドスがヒコウZだと目も当てられない事態になるので、ガン積みされても対応できるようにスカーフを持たせた。

コケコランドの並びもできているので、サイクルも回しやすい。

1加速のメガバシャーモ、2加速のバシャーモ、から破パルシェンなど数多の高速アタッカーを掃除してくれた。

PTが特殊に偏っているため、物理型を採用したかったけど持ってないので特殊で採用。

フシギバナに一矢報いることができる陽気の方がいいような気もするが、マジシャの打点も捨てがたい。

 

f:id:rashikichi:20160928105626p:plainゲッコウガ@ミズZ

147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

みずしゅりけん/ハイドロカノン/冷凍ビーム/目覚めるパワー(炎)

バシャーモ対策その3。

初手の水Zから水手裏剣でバシャーモ倒すアレ。

水Zの通りがいいので、とても心強い味方だった。

目覚めるパワー炎を採用は可もなく不可もなく。ミミッキュの皮剥がしながらフェアリーZ受けたりしたんで便利だった。

 

f:id:rashikichi:20170919183106p:plainハッサム@メガストーン

175(236)-222(252)-160-×-120-98(20)

バレットパンチ/とんぼ返り/剣の舞/羽休め

マンムーランドロスのような地面タイプがともかくうっとおしかったのと、現時点で特殊耐久ポケモンを崩すすべがないので、それらを起点にしてやろうと目論んだ結果作用されたポケモン

炎4倍2対いれてアホかと思うけど、残りの4匹で対策してるつもりなので、まあそこまで深刻ではなかった。

最後に採用された枠でこの枠は要検討かもしれないが、出したら活躍してくれた。

 

基本選出は

ヒードラン + ランドロス + @1

ユキノオーが通りそうだったらユキノオーゲッコウガが通りそうだったらゲッコウガ、どちらもダメそうならハッサム

メガもZ持ちもない、コケコランドヒードランという選出もある。

 

重いポケモン

フシギバナ

ヒードランで誤魔化してどうにかするつもりなので、地震持ってるとゲームセット。

ミミッキュ

役割集中でランドロスが消耗すると、ミミッキュを受けれなくて辛区なることが多い。

ルカリオ

基本的に受けれないので、ゲッコウガやコケコで上から叩き潰すしかない。
しんくうはとバレットの両刀は無理。

 

 

来期はSM最後のシーズンらしいので2000目指して頑張ります。

ポケモンSMにおけるメガユキノオー運用

お久しぶりです、アズールです。

 

ポケモンSMではシーズン5になって、めでたくメガユキノオーが完全解禁となりましたので、今期はこいつを主軸にレート潜ってました。

f:id:rashikichi:20160803215212p:plain

構築記事は別途書くとして、ポケモンSMにおけるメガユキノオーの運用について、ORASとの違い踏まえて書いていきたいと思います。

 

■追い風ポイント

1. ファイアローの死滅

超最高。こいつ一匹でこちらの選出抑制して来ようとするのでいなくなってスッキリ。

 

2. メガヘラクロス軸の死滅

メガヘラクロスは超辛いし、お供のヒードランもマジ無理。メガヘラクロスは交換読みで好き放題して来るので絶対勝てない。いなくなってスッキリ。

 

3. 新たな役割対象

カプコケコ・カプブルル・カプレヒレ・アシレーヌ等、ポケモンSMに台頭して来た新フェアリーポケモンにはかなり強く動けるので役割が増えた。
ちなみにカプテテフとも打ち合えるので対面では勝てないがそこまで不利ということはない。

 

4. メガガルーラの弱体化と減少

ガルーラが減ったのはとても追い風。
メガユキノオーは上からの役割集中みたいパワープレイにとても弱いので、それが軽減されて嬉しい。
あと最近は猫捨て身型が主流なんで、グロパンの起点にされてゲームセットみたいなことも少なく殴り合えなくもない。(炎P持ちは当然無理だが)

 

5. メガボーマンダ軸増加

一応、ある程度削れれば氷の礫で縛れるので、役割が持てる。
そこそこいる、マンマンレヒレナットみたいな並びには大暴れできる。

 

6. SMの雨展開

ペリッパーが雨降らしを習得したので、雨パは少し増えた。
ペリッパーは暴風を覚えるので雨下の対面では不利をとるが、耐久ペラペラなのでユキノオーへの後出しを許さないので割と有利な展開に持ち込めることが多い。

 

7. SMの構築傾向

メガユキノオーは9割以上のメガ進化に対して、基本的に不利を取る悲しい生き物である。

ただSMは1メガ構築もわりとあり、気持ち出しやすくなっている気もする。

 

■向かい風ポイント

1. ファイアローの死滅

何言ってんだこいつと思うかもしれないが、こちらもアローが使えなくなったのは凄く辛い。
敵にしたら最悪だが味方にしたらとても頼もしい奴だったので、バシャーモリザードンが暴れまわる環境でストッパーとしての力を失った穴はあまりにも大きい。

 

2. リザードン大量増加

当然警戒しないといけない炎タイプだが、ORASとは比べものにならない量存在する。
こいつらを見て出せないとかでは、まともに運用できないのできちんと対策しないいけない。

 

3. ミミッキュ登場

行動保証と上からの火力押し付けが非常にキツイ。対面では絶対に勝てないので、お供で対策しないといけないし、それでも隙を見せたら

 

4. ヒコウZギャラドス

ギャラドスメガユキノオーの役割対象のため、逆にこちらをカモってくるヒコウZは非常につらい。
またそれが無視できないほど結構な数存在するので、常に意識しないと負け一直線である。

 

5. カクトウZレボルト

SMではORASと比べて圧倒的に霊獣ボルトロスが蔓延するようになった。
霊獣ボルトロスの方が技範囲・火力に勝り、最もメジャーなカクトウZ型が蔓延る環境は非常にキツイ。

 

6. 役割対象の減少

化身ボルトロススイクン、水ロトムなどが減ったので、環境に役割を持てるポケモンは少し減った。
ついでにテテフ対策で鋼ポケモンは多いので、ついでに対策されていることも多い。

 

 

 

大体こんな感じです。

体感としては、役割対象増えたし不意のZ技に気をつければ全然やれると思いました。

 

皆さんも試してください。

【ファクトリーオフ使用構築】グロスランド天地崩壊スタン構築【ベスト16】

お久しぶりです。アズールです。

 

今回はサンムーンになって初めて、大規模オフ「ファクトリーオフThe Final」に行ってきました。結論から言うと、決勝Tベスト16まで行きました。

自分ではそこまでいくと思ってなかったので、記録として書き残しておきます。

f:id:rashikichi:20160913131309p:plainhttps://d13xjf6056yhmz.cloudfront.net/879377/d7e6f08de932141a5a70986e2185617a_2017-03-04.png/show?1488593748

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bread0534/20161220/20161220182506.pnghttps://d13xjf6056yhmz.cloudfront.net/879353/8855f3f226c372b300f1f3fbd72f0955_2017-03-04.png/show?1488592917

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cluclupoke/20161128/20161128214033.png https://d13xjf6056yhmz.cloudfront.net/879383/52420af297c59427d82848c7f563bda1_2017-03-04.png/show?1488593947

 

コンセプトとしてはランドロスカプ・レヒレをクッションにしながらサイクルを回し、残りのポケモンで詰めていく、という普通のサイクルパです。

 

f:id:rashikichi:20160801114627p:plainメタグロス@メタグロスナイト 特性:クリアボディ→硬い爪

実数値:167-

技構成:アイアンヘッド/冷凍パンチ/地震/雷パンチ

 

メガ枠。

サンムーン入ってから使い続けているフェアリーに強いメガ進化枠。

技は冷凍パンチ、命中安定アイアンヘッドまでは確定。

あとはギルガルドに打点持てるように地震、ラストはメガリザードンYへの打点となる雷パンチを採用しました。バレットパンチを抜いたが、実際欲しかったのにみたいなことはなかったので問題なかったです。

 

調整は陽気ガブの地震を鮫肌込みで耐えるところまで耐久に振って、最速を取り残りをAに回しました。

 

メタグロスは炎ポケモンが幅利かせてる今はなかなか採用しづらく、選出もあまりしませんでした。

しかも当日は役割のはずのボーマンダに対して地震急所で死ぬという自覚なしでしたけど、予選最終戦で化身ボルトロスのデンキZ雷をミリ耐えして返り討ちにし、なおかつリザードンを雷パンチで沈める活躍を見せたのでまあ及第点といったところでしょうか。

 

f:id:rashikichi:20160928105802p:plainランドロス@ゴツゴツメット 特性:威嚇

実数値:191-166-156-※-12-101-116

技構成:地震/岩石封じ/とんぼ返り/ステルスロック

 

クッションその1。

ミミッキュバシャーモ対策の物理受け。あとステルスロックを撒く係。

ステロを撒いてゴツメスリップと合わせて後続のポケモンの圏内に入れます。

 

ステロ撒けばあとは後続で全抜きできるんじゃね?みたいな構築が多くて、先発に出してよくステロ撒いてました。

ステロ撒きたい病になってて、ほとんどの試合で出してました。腐りづらく必ず仕事してくれるので頼りになりました。

 

https://d13xjf6056yhmz.cloudfront.net/340189/a1c9aa05edb34937fbc6a01420679424_2016-08-09.png/show?1470724406霊獣ボルトロス@カクトウZ  特性:蓄電

実数値:175-※-91-175-101-168

技構成:10万ボルト/ めざパ氷/気合玉/ 悪巧み

 

Z枠その1。

レヒレとかその他の水ポケモンとか耐久ポケモンを起点にして全抜きを狙います。

初手ポリゴン2を起点にしてEasyWinしたりしたので、まあまあ活躍したし、こいつは現環境で優秀だと思います。

 

リザードンY意識で最速を取りつつ、ガブの逆鱗耐えまで耐久を振って残りを火力に回しました。

耐久に努力値を回して火力を削ったので、等倍相手だと押し切れないところがたまにキズ。ブルンゲルに10万ボルトでミリ耐えされて一試合落としたのは泣けました。

 

 カプ・テテフ@こだわりスカーフ  特性:サイコフィールド

実数値:149-※-112-190-136-136

技構成:サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/10万ボルト

 

ただのスカーフテテフ。

とりあえず、入れといて損はないと思います。選出はあまりしなかったですが、多少の選出圧力にはなったのではないかと思ってます。

実際はその選出テテフどうすんの?みたいなのが結構あったのでもう少し出してあげればよかったと思います。

技はサイコキネシス以外どうせほとんど打たないので、なんでもいいんじゃないかと言う気がしてます。

 

 

 カプ・レヒレ@食べ残し  特性:ミストフィールド

実数値:177-※174-122-151-107

技構成:ムーンフォース/自然の怒り/なみのり/挑発

 

クッションその2。

メガギャラとかバシャーモのストッパー枠。

ただ大会では会わなかったので出番は低めでした。

一応ラグラージの展開阻止やクレセリアの再展開阻止などはしましたので、役立たずとはいきませんでしたが、ちょっと影は薄めでした。

 

  

f:id:rashikichi:20170508123927p:plainバシャーモ@イワZ  特性:加速

実数値:155-189-91-※-90-132

技構成:飛び膝蹴り/フレアドライブ/守る/ストーンエッジ

 

Z枠その2。

そして間違いなくこのPTのMVP。

テテフを置いとくとやはり鋼ポケモンを呼ぶのでそこにバシャーモを通すことを考えてました。この枠はサザンドラだったのですが全然活躍させてあげられなかったので、代わりの炎ポケモンをどれを採用しようかなと考えているところでこのポケモンを選びました。

ステロ撒いたらイワZバシャーモで全抜き余裕みたいなPTが結構多かったですし、実際すごく刺さってました。

 

リザードンY×1

ギャラドス×2

ラティオス×1

をワールドエンドフォールで一撃でぶっ飛ばす大活躍を見せました。

岩Z強すぎw

 

調整は全くせずにただのASぶっぱ。

準速ASにすると1加速でコケコが抜けず辛いですので、他のポケモンを起点にして加速していく立ち回りを常に意識しました。

 

 

 

 

選出は

ランドロスバシャーモ@1

がほとんどでした。

ただ、ランドロスバシャーモボルトロスという選出も割と多く、Z被りがよく起きたので、ボルトロスに変わるメガ進化がいないかなと気になりました。

 

 

今回のパーティーでよかったことは、命中安定を意識したこと。

大会という一発勝負でクソ外しで後悔しないようにしたことがよかったと思ってます。

反省点としてはコケコが重かったこと。

 

 

 

最近レートに潜れてないですが、大会でいろんな人と会ってモチベ上がったのでまた頑張りたいと思っています。

 

オフレポ?当日筆記用具すら持っていってないので、何も記録残してないですよ。 

オフで対戦してくれた人はありがとうございました。 

 

 

 

それにしてもユキノオナイトの解禁いつなんですかね(怒

ノオーカバアローの使い方

自分流のノオーカバアローの使い方、また相性の良いパーティや悪いパーティについて、書いていこうと思います。

 

技構成とかは

【シーズン17使用構築】メガユキノオー軸サザングロス

をもとに話していきます。

 

1. バシャサンダーナット

f:id:rashikichi:20160801114254p:plainf:id:rashikichi:20160928104226p:plainf:id:rashikichi:20160928104301p:plain

カモ。

相手はサンダーとナットレイをクッションにしてバシャーモも通す立ち回りでサイクルを回そうとするが、こちらはナットレイとの対面を作ってしまえば、吹雪を打つだけでサイクルを崩壊させられる。

また慎重アローはサンダーに対してかなり粘れるため、礫で縛ることも可能。

バシャサンダーナットの並びの裏選出に対してもメガユキノオーが大体強いので、積極的に出せる。

 

2. 対面厨パ

f:id:rashikichi:20160801114149p:plainf:id:rashikichi:20160928104343p:plainf:id:rashikichi:20160928104404p:plainf:id:rashikichi:20160928104421p:plainf:id:rashikichi:20160928104434p:plainf:id:rashikichi:20160801114342p:plain

五分五分

基本的に相手は吹雪を受けられないので、ファイアローにあと投げしてくるボルトロススイクンと対面して吹雪を連打していく。

ガルーラが来てもゲンガーが来ても、技や立ち回りでなんとかできる。

ただし、炎枠にファイアローがいると、ノオーカバアローは特に耐久アローを突破できないので、話は変わって一気に辛くなる。

仮にカバルドンに岩技を入れても、カバルドンが消耗するとガルーラを通されて負ける。

 

3. ポリクチのトリル展開

f:id:rashikichi:20160928104510p:plainf:id:rashikichi:20160801114313p:plain

かなり有利。

慎重アローがポリクチに強い。ポリクチと合わせてみるブルンゲルだとかカイリューユキノオーのカモなので、ブルンゲルと対面して吹雪をうてば、クチートも2耐えできない。

クレセクチートも大体同様。

空元気ポリ2は土下座。

 

4. ボルトランド系統

f:id:rashikichi:20160928104404p:plainf:id:rashikichi:20160928105802p:plain

やや有利。

氷技が一貫するので、吹雪連打すればいいと思いきや、ランドロスがとんぼ返りでユキノオーを削ってくるのでHP管理がシビアになってくる。

エースがルカリオだったりすると、積まれた瞬間ゲームエンドなので、有利不利は相手の採用するエース次第。

 

5. マンダマンムー

f:id:rashikichi:20160801114909p:plainf:id:rashikichi:20160928104636p:plain

有利。

草氷技の範囲で大体見れるし、ボーマンダカバルドンファイアローで削れば氷の礫で縛れる。

ユキノオーマンムー対面はマンムーはぼぼ引いてこないので草技から入らないといけない。

 

6. ヘラクレセドラン

f:id:rashikichi:20160928104822p:plainf:id:rashikichi:20160928104715p:plainf:id:rashikichi:20160928104735p:plain

絶対無理。

ヘラが無理というか、ヒードランが無理。ヒードラン対面で超絶起点にされるので、ヒードラン入り構築には絶対に出せない。

 

7. カバリザY

f:id:rashikichi:20160928104931p:plainf:id:rashikichi:20160801115411p:plain

超有利。

原始の力持ちリザードンY以外は慎重アローが完封できるので、カバルドン対面で吹雪を打てばオッケー。

リザードンYは慎重アローを絶対に突破できないので、交換読み鬼火をする余裕もある。

 

8. カバルカカイリュー

f:id:rashikichi:20160928104936p:plainf:id:rashikichi:20160803114528p:plainf:id:rashikichi:20160928105008p:plain

やや不利

前述の通りだか、ルカリオとの対面で積まれると一気に持っていかれるのでヤバイ。物理はカバルドンでなんとかできても特殊だとどうしようもない。(慎重アローでは特殊ルカリオは崩せない)

物理か特殊かの見極めが必要。

 

9. バンドリマンダ

f:id:rashikichi:20160928105029p:plainf:id:rashikichi:20160928105049p:plainf:id:rashikichi:20160801114909p:plain

やや不利

バンドリの場合は、特殊バンギにカバルドンを崩されることが多い。

ファイアローは完全に腐るので、他のポケモンでバンギを処理することになる。バンギを処理できれば、ノオーとカバのサイクルで残りを処理できるが、相手のステルスロックユキノオーが消耗しやすいので辛い。

 

10. カバリザX+ジャローダスイクン

f:id:rashikichi:20160928104936p:plainf:id:rashikichi:20160801114217p:plainf:id:rashikichi:20160928105133p:plainf:id:rashikichi:20160928104421p:plain

カモ。

ジャローダが流行った頃はユキノオーが大活躍してた。体感だが、めざパ炎はかなりレアで事故と割り切っていいレベルだった。

今はこういうパーティ自体減ったけど。

 

11. 受けループ

f:id:rashikichi:20160928105903p:plainf:id:rashikichi:20160928110002p:plainf:id:rashikichi:20160803114624p:plain

絶対無理。

パワー不足なのでラッキーヤドランの並びを崩せない。仮に宿り木の種があっても、ユキノオーに毒毒が入ったら終わりなのでとても選出できない。

 

12. 害悪戦術

f:id:rashikichi:20160928104404p:plainf:id:rashikichi:20160928105224p:plain 

絶対無理。

レパルガッサとかユキノオーに勝てないからまあ出てこないが、

オニゴーリの起点になる術を避けることができないので、どうしょうもない。

 

13. サザンガルド(サザングロス)

f:id:rashikichi:20160913212302p:plainf:id:rashikichi:20160928105326p:plain

無理。

サザンドラは炎技を持っているので、ユキノオーでは相手できないし、裏の鋼ポケモンも崩せない。

ついでに眼鏡サザンドラとの不利対面を作ってしまったらサイクルは崩壊するので、どうにもできない。

慎重アローで粘ってユキノオーの礫圏内に押し込むことができればあるいはという感じ。

 

 14. 雨展開

f:id:rashikichi:20160928105347p:plainf:id:rashikichi:20160928105406p:plain

かなり有利

特にメガラグラージは、数少ない「メガユキノオーの役割対象となるメガ進化ポケモン」なので、積極的に出していきたい。

 

15.  カバニンフバシャマンダ

f:id:rashikichi:20160928104936p:plainf:id:rashikichi:20160928105447p:plainf:id:rashikichi:20160801114254p:plainf:id:rashikichi:20160801114640p:plain

やや有利

基本的にカバルドンとアローで見れるので、初手カバルドンを迅速に処理してあくびループをさせないようにしないといけない。

ただ、HDカバルドンはC特化メガユキノオーの吹雪耐える耐久お化け。

 

 

16. ライコウギャラパル

f:id:rashikichi:20160928105538p:plainf:id:rashikichi:20160803115028p:plainf:id:rashikichi:20160928105600p:plain

超有利。

全員メガユキノオーで余裕。

メガギャラドスも数少ない「メガユキノオーの役割対象となるメガ進化ポケモン」である。

ただパルシェンに破られると逆に負け一直線なので、パルシェンに破らせる隙を見せないようにする。

 

PTの並びではこんなところ。

あとは単体できついのは以下のポケモン

 

f:id:rashikichi:20160928105626p:plainゲッコウガ

両刀ゲッコウガはパーティが崩壊するのでノオーカバアローは絶対出せない。

信用可能ゲッコウガならユキノオーが相手できるが、出す気にはならない。

 

f:id:rashikichi:20160928110044p:plainヒートロトム

カバルドンで毒を入れてアローでひたすら粘るくらいしかできない。

まあ勝てない。

 

f:id:rashikichi:20160928110102p:plainエンテイ

アローはエッジで死ぬ、ユキノオーの吹雪はチョッキのせいでカスみたいなダージしか入らない、聖なる炎でやけるとカバルドンはお荷物でゴツメダメージも入らない。

絶対勝てない。

 

f:id:rashikichi:20160928110425p:plainジバコイル

電気技に拘り読みでカバルドンを合わせたり、鬼火を交換読みで入れた後羽休めで粘ってやり過ごすなど、かなり無理矢理な突破になる。

こちらからは有効だが少ないので、きつい。

 

 

 

以上。メモと振り返りでした。

【シーズン17使用構築】メガユキノオー軸サザングロス

ORAS最後のシーズンお疲れ様でした。

今期は8月頭にまさかの3DSが故障して修理に出すことになり、手元に戻ってきたのがレート終了一週間前という超悲しいことになったため最終レートはお察しです。

 

一応、最後少しだけレートに潜ったPTを紹介します。

対戦数も超少なく、レートも低いので練りが足らないです。

 

f:id:rashikichi:20160803215212p:plainf:id:rashikichi:20160719155032p:plainf:id:rashikichi:20160719155052p:plain

f:id:rashikichi:20160719155105p:plainf:id:rashikichi:20160913131309p:plain f:id:rashikichi:20160913131058p:plain

 

f:id:rashikichi:20160719162058p:plainメガユキノオーユキノオーナイト 特性:ゆきふらし→ゆきふらし

努力値 : 204-60-4-220-12-0

実数値 : 191-160-126-198-128-45

技構成:吹雪 ギガドレイン 氷の礫 ウッドハンマー

 

特に言うことなし、前回と同じ両刀メガユキノオー

たくさんのスイクンを今期も葬ってくれました。

 

f:id:rashikichi:20160719182028p:plainカバルドンゴツゴツメット 特性:すなおこし

努力値:252-0-220-0-36

実数値: 215-132-182-☆-92-72

技構成:地震 氷の牙 怠ける どくどく

 

前回と同じ物理受け。

バトン展開とかにすごく弱いので、吹き飛ばしにしようかと何度も思いましたが、どくどくを使いたい場面も多かったので悩ましいところです。

 

f:id:rashikichi:20160719182036p:plainファイアロー@ラムのみ 特性:はやてのつばさ

努力値:236-0-0-0-244-20

実数値:183-101-91-☆-132-150

技構成:ブレイブバード 鬼火 羽休め 挑発

 

ノオーカバといえばのおなじみ慎重アロー。

最近役割減ってきたなと思ったりしますが、ウルガモスメガリザードンYへの後出し要員として、置いておかないと気持ち悪くなってます。

 

f:id:rashikichi:20160719182033p:plainロトムこだわりスカーフ 特性:浮遊

努力値:124-0-0-116-12-252

実数値:141-☆-127-154-129-130

技構成:ボルトチェンジ ハイドロポンプ トリック 鬼火

 

特に言うことなし、前回と同じスカーフロトム

ヒートロトムが対面で突っ張ってくること超多いのですがどういうことなんですかね(怒

 

f:id:rashikichi:20160801114627p:plainメガメタグロス@メタグロスナイト 特性 : クリアボディ → かたいツメ

努力値:156-236-4-0-20-92

実数値:175-214-171-112-133-142

技構成:バレットパンチ しねんの頭突き 冷凍パンチ アームハンマー

ここからがやっと新顔。

ここまでの構築で、あきらかにノオーカバアロー軸で出せない場合にPGLの上位に対して強く、かつサイクルを回せるメガ進化が必要に感じて採用しました。

耐性でフェアリーに強く、技構成でガルガブゲンに弱くないようにを考えました。

また、先制技で前シーズンで手も足も出なかったオニゴーリ系害悪に一矢報いることができるようになれるのも大きかったです。

 

特殊耐久はC222メガゲンガーシャドーボールが定乱数、物理耐久はA215メガボーマンダの1舞じしん確定耐え、になるくらいまで振りました。

 メガメタグロスを耐久に振り、いじっぱりで採用することでメカザンギエフのように重火力アタッカーとしての力を発揮してくれて想像を超える働きを見せてくれました。

 

技構成はまずガルーラに役割を持てるアームハンマー、ゲンガーに役割を持てて一致技の思念の頭突き、フェアリーに役割を持てる一致技のバレットパンチまでは決まってあと一つ。

あとの一枠は当初どくどくでしたが、ユキノオーの代わりにドラゴン狩りをやはりしてほしいので無難に冷凍パンチになりました。

じしんがなくてクチートギルガルドに有効打なくてつらいですが、そこは後述のサザンドラと取り巻きでなんとかしていくことになります。

 

素早さはメガ後最速ヒードラン抜きまで。

 

f:id:rashikichi:20160913212302p:plainサザンドラ@こだわり眼鏡 特性:浮遊

努力値:188-0-12-188-116-4

実数値:191-☆-112-185-125-119

技構成:悪の波動 りゅうせいぐん 大文字 気合玉

技構成はふつうですが、こちらはとあるブログを参考にした耐久振りサザンドラになります。

ガルーラの捨て身タッコー確定耐え、メガゲンガーの気合玉耐えまで耐久を振り、残りをCにまわすことで火力と耐久力を両立させ、サザングロスとしてのサイクルを回しやすくなった(気がします)。

ここまで振るとゲッコウガの珠冷凍ビームも乱数なので、ヤンキーつっぱりが可能になります。

サザンドラ自体が、素早さの遅い耐久ポケモンへの弱い者イジメを得意とするポケモンなので、素早さがない弊害はサイクルを回しているうちはあまり気にならなかったです。

 

選出は

ノオーカバ + アロー or ロトム

 サザングロス + アロー or ロトム

 という感じでした。

ノオーカバの守備的サイクルとサザングロスの攻撃的サイクル、それぞれ別の性質のサイクルを作るので使っていて楽しいPTでした。

もう少し対戦時間とれればもっと頑張れたのに残念で仕方ありません。

 

ORASのレートお疲れ様でした。

またサンムーンでお会いしましょう。

ユキノオーと愉快なお友達の話

f:id:rashikichi:20160803215212p:plain

 

ユキノオーは僕が一番好きなメガ進化ですが、このポケモンは単体ではほとんどのメガ進化に不利を取るので、取り巻きを生かすことで、真価を発揮すると思います。

 

そこで、僕が今までユキノオーととともに使ったメガ進化ポケモンをリストアップして出して、その使用感を書いていきたいとも思います。

 

f:id:rashikichi:20160801114149p:plainガルーラ

いうまでもなく最強のポケモンだが、採用するとゲンガー、ゲッコウガバシャーモが凄く辛くなりました。

ガルーラが苦手なカバルドンスイクンユキノオーが強いが、こいつらはガルーラでも最悪突破できてしまうので、ユキノオーの採用価値が低く、結局ガルーラとユキノオーを組ませるくらいならガルーラスタンを組んだ方が良いと思います。

 

f:id:rashikichi:20160801114254p:plainバシャーモ

メガゲンガーメガガルーラゲッコウガギルガルドなどに強く、バシャーモが苦手なカバルドンスイクンマリルリカイリューメガヤドランメガユキノオーか強いので相性は良かったです。

ただファイアローメガユキノオーと一貫するのでそこに強いポケモンを後ろで固める必要があります。

相手にファイアローがいないと同時選出を凄くしたくなりました。

 

f:id:rashikichi:20160801114342p:plainゲンガー

いうまでもなく最強のポケモンの一角。

こいつは対面性能も高くメガガルーラにも強いので、PTに組みやすかった。ただバシャーモゲッコウガの一貫性がまた凄くなってしまう。

こいつの単体性能は抜群なので、ユキノオーいない方がいいんじゃないのって気がしました。

 

f:id:rashikichi:20160801114325p:plainクチート

 クチートユキノオーの苦手な格闘ポケモンやフェアリーポケモンに弱くなく、メガユキノオーがトリルとの相性もいいので、PTの並びとして組みやすいです。

ただバシャーモやファイローやヒードランが辛くなる。

 

f:id:rashikichi:20160801114206p:plainリザードンX

アタッカー性能が高く、メガユキノオーの苦手な鋼に対して打点を持てる技範囲によってPTに入れやすかったです。

採用技によってはヒードランが凄く辛くなるので地震がほしいことが多かったです。

またステルスロックメガユキノオーと一貫するので痛いです。

 

f:id:rashikichi:20160801115411p:plainリザードンY

こちらもユキノオーとの相性がよく、PTに入れやすいポケモンでした。

カバリザYの並びも作れるので、PTに入れやすいのですがステルスロックがやはり痛いです。

格闘耐性を持つのでユキノオーと同時選出したくなることが多かったのですが、だったらファイアローのほうが使いやすいという気もします。

 

f:id:rashikichi:20160801114355p:plainカメックス

ユキノオーが苦手なガルーラ、ゲンガー、バシャーモ、ファイロー、ヒードランギルガルドに対面から不利を取らず 、技範囲もユキノオーといい感じで異なるので、PTに入れやすかったメガ進化でした。

ただし、両方とも素早さが高くないので、上から殴られて押し切られるということも多いです。

同時採用したくなって困ることも多かったです。

思い出したかのように現れるフシギバナがめっちゃ辛くなります。

 

f:id:rashikichi:20160801114130p:plain ミミロップ

 ガルーラ、ゲンガー、ゲッコウガギルガルド

に強く、ミミロップが苦手な物理受けである、カバルドンスイクンメガヤドランに対してメガユキノオーが強いので、PTの相性は良いと思います。

ただファイアローメガユキノオーと一貫するのでそこに強いポケモンを後ろで固める必要があります。

またミミロップ自身の火力がそこまでなこともあって、ダメージレースに勝てないことがよくありました。

 

f:id:rashikichi:20160801114608p:plainヤミラミ

メガユキノオーが苦手なガルーラゲンガーにわりと強いですが、ただ採用すると炎タイプがもれなく重くなります。

また両メガ進化とも素早さが低いので被弾回数が増えて、毒とか追加効果とか急所くらったりして、僕にはこいつの力を出し切ることができませんでした。

 

f:id:rashikichi:20160801114627p:plainメタグロス

ユキノオー自体はあまりフェアリーポケモンにも強くないので、そういうやつらを返り討ちにする意味でいい働きをしますが、やはり炎ポケモンが辛いです。

一応瀕死になりながらゲンガーを相手したり、アームハンマーでガルーラを見れるので、使い勝手は悪くなかったです。

あとメガメタグロス自体は火力不足気味なので、耐久ポケモンの処理に困ることが多かったです。

 

f:id:rashikichi:20160801114640p:plainボーマンダ

威嚇込みでメガガルーラに対面から処理でき、龍舞でメガゲンガーゲッコウガも処理でき、メガフシギバナバシャーモファイアローにも強い。メガユキノオーボーマンダが苦手なスイクンや水ロトムボルトロスに強いです。

技や攻撃範囲もうまく保管されていて使いやすかったです。 

ユキノオーが使えなくて困ったらとりあえず出しとけば無理やり起点にできるので、こいつはやはり強いと思いました。

 

f:id:rashikichi:20160803114528p:plainルカリオ

ガルーラに強く、メガ前ゲンガーをアイアンテールで吹っ飛ばしたり、ヒードランにも対面で勝てたり、フェアリーに打点があるので、攻撃面の相性保管に優れていて使いやすいと思いました。

当然バシャーモか辛くなりますが、持ち前のSで上から殴れるのでわりと使ってて楽しかったです。

ギルガルドがめっちゃ辛い。

 

f:id:rashikichi:20160803114624p:plainヤドラン

ユキノオーの苦手なガルーラ、バシャーモに大体強く、同時選出もしやすいので、使いやすいと思いましたが、ゲンガーやギルガルドがいると辛いです。

可能性をわりと感じていましたが、使っていた当時ゲンガーやギルガルド入りに当たりすぎて泣く泣く解散しました。

ただ、それなりに可能性を感じたので今ならもう少しましに動かせるかもしれません。

 

f:id:rashikichi:20160803114748p:plainフーディン

ユキノオーの苦手なゲッコウガには変幻自在気合玉、ゲンガーはサイコキネシスで吹っ飛ばす、ガルーラは親子愛気合玉で吹っ飛ばす、バシャーモはトレース加速で隙を見せない、大体の格闘タイプには有利、と書くとすごく相性がいいと思いました。

ただ実際は火力不足でダメージレースに勝てないことばかりだったので、なんか微妙でした。

あとギルガルドに弱くなる。

 

f:id:rashikichi:20160803115028p:plainギャラドス

ユキノオーが苦手なヒードランギルガルドゲッコウガを起点にできる点が優秀で、ゲンガーにも強く、ユキノオーでサイクルを回す立ち回りとギャラドスで全抜きしていく立ち回りの2通りが取れるので、面白い組み合わせでした。

採用する技がすごく悩ましかったです。

 

f:id:rashikichi:20160803115130p:plainバンギラス 

ゲンガー、ファイアローに強く、ギルガルドにも弱くないので、また僕は馬鹿力メガヤンギラスを仕様していたので、カルーラにも対面不利を取らなくて強かったです。格闘の一貫性をどうにかできれば。

メガユキノオーで相手をしたいボーマンダボルトロスにも強いので、選出が縛られない点もGoodでした。

両方ポケモンとも耐性Goodですが、4倍弱点持ちで弱点も多いので、PT構築は気をつけないといけないです。

 

個人的に使ってていいなと思ったのは、バシャーモミミロップルカリオボーマンダでした。

メガユキノオーをPTに入れるとサイクル戦を仕掛けることになりますので、こちらのサイクルを強引に破壊してくるガルーラゲンガーが一番辛いので、そこらへんに役割を持てるポケモンが相性いいと思いました。

 

メガユキノオー構築がネットの海により広まって欲しいと切に願います。

【シーズン16使用構築】メガユキノオー軸withミミロップの置物【シングル最終2010】

f:id:rashikichi:20160720084826j:image

 

こんにちはアズールです。

 

ポケモンORASシングルレートでメガユキノオー入りでシングルレートをずっとやってましたが、シーズン16で初めてレート2000を達成しました。最終レート2010で371位でした。

f:id:rashikichi:20160912112943p:plain

 

レートでメガユキノオーを見ることはまだまだ少なく、またネットでも構築記事が少ないという現状に一石を投じる意味で、記念とメガユキノオーの布教を兼ねて紹介します。  

 

 

    f:id:rashikichi:20160719155017p:plain    f:id:rashikichi:20160719155032p:plain        f:id:rashikichi:20160719155052p:plain      f:id:rashikichi:20160719155114p:plain  f:id:rashikichi:20160719155109p:plain    f:id:rashikichi:20160719155105p:plain

ノオーカバアローという優秀な並びから組み始め、残りのポケモンを保管で組んでいきました。

 

f:id:rashikichi:20160719162058p:plainメガユキノオーユキノオーナイト 特性:ゆきふらし→ゆきふらし

努力値 : 204-60-4-220-12-0

実数値 : 191-160-126-198-128-45

技構成:吹雪 ギガドレイン 氷の礫 ウッドハンマー

 

構築の軸。エース運用する記事に勇敢物理型が多くあるが、今回は冷静の個体を使用しました。

メガユキノオーは他のメガ進化ポケモンとの対面では明らかに不利をとることが多いが、その一方でメガ進化ポケモンのお供として採用されるポケモンに強いという性能を持っていて、その強さを気に入ってます。

 

冷静にした理由は以下のものがあります。

1. スイクンへの後出し

水タイプへの受けだしが主な仕事なので、熱湯で火傷するリスクが常に付きまとう、そのリスクを減らすため。

2. 吹雪を一貫させるため

メガユキノオーはタイプ受けをしていくポケモンのため、相手が引いていく場面が明確なことがあります。例えばスイクンや水ロトムとの対面。

これらのポケモンは有効打が全くないので、必ず引くしかなく、また仮にヤンキー突っ張りされても痛くないので、こちらからすると交換読み吹雪が超ド安定行動になる。この吹雪のダメージを少しでも後続に入れたいので冷静を採用しました。

交換読み(実際は安定行動だけど)で無振りファイローが吹雪+霰で消し飛ぶので吹雪ぶっぱは病みつきになります。

たまーにミラーコートしてくるスイクンもいるので、スイクン対面では必ず吹雪から入りましょう(戒め

 

技は吹雪と場持ちを良くするためのギガドレインと、削りを入れたボーマンダをしばるための氷の礫を採用しました。

 

最後に、ウッドハンマーを採用。

スイクンメガユキノオー対面では引いていくが、対面で瞑想をガン積みしてくるヤンキーが割といるので、そいつらを迅速に吹っ飛ばすために入れました。瞑想してくるスイクンが飛ぶ様はいい気味。あとニンフィアの起点にもなりません。

 

地震があると、ギルガルドを相打ち気味に処理できたり、交換読みでヒードランに打つたりできるけど、そもそもこいつらはメガユキノオーが相手することはないので、一度も打たなかったです。

 

耐久はマリルリの馬鹿力を耐えたり、ボルトロスの珠気合玉を耐えるところまで。

 

後述のカバルドンにメガ進化前状態で引くことも多いので、砂ダメージを避けるためメガ前特性はゆきふらしにしています。

防音も使ってみたのですが、ニンフィアサーナイトに引いたからといってそのあと勝てるわけでもないので、これで良かったと思ってます。

 

f:id:rashikichi:20160719182028p:plainカバルドンゴツゴツメット 特性:すなおこし 

努力値:252-0-220-0-36

実数値: 215-132-182-☆-92-72

技構成:地震 氷の牙 怠ける どくどく

 

よくいる普通のゴツメカバ。

ボーマンダが起点にしてくる事が多いので氷の牙を持たせました。

メガユキノオーが苦手な高火力物理アタッカーを受けます。

剣舞したクチートを上から地震で突破できる可能性を考えて、素早さを4振り50族抜きまで振りました。これで辛うじてメガバシャーモの飛び膝蹴りを乱数で2耐えするので、耐久はギリギリです。

 

f:id:rashikichi:20160719182036p:plainファイアロー@ラムのみ 特性:はやてのつばさ

努力値:236-0-0-0-244-20

実数値:183-101-91-☆-132-150

技構成:ブレイブバード 鬼火 羽休め 挑発

 

有名な慎重アロー。

本家はBにかなり振ってましたが、特殊への後出しを安定させたかったので、特防にガッツリ振りました。

本当に強い一方で鬼火をはずすと負けに直結するのでそういうのはやめてほしいです。

 

f:id:rashikichi:20160719182033p:plainロトムこだわりスカーフ 特性:浮遊

努力値:124-0-0-116-12-252

実数値:141-☆-127-154-129-130

技構成:ボルトチェンジ ハイドロポンプ トリック 鬼火

 

とあるブログを参考にしたスカーフ鬼火ロトム

初手のメガガルーラや鉢巻ガブリアスを機能を停止させ、裏のカバルドンで受けやすくします。またゲッコウガの上からボルトチェンジで相手したりします。あとは初手に起点作成に出てきたポケモンをトリックで機能停止させるなど、器用な動きをしてくれます。

 

f:id:rashikichi:20160719182045p:plainギルガルド@食べ残し 特性:バトルスイッチ

努力値:204-0-4-36-12-252

実数値:161-☆-171-75-172-123

技構成:身代わり どくどく キングシールド シャドーボール 

 

フェアリーや龍技の一貫性がヤバイので、それを受けるための残飯ガルド。

僕は最速にしたことでいろんなポケモンを上から身代わり張れて助かった場面か多かったのでこれで良かったと思ってます。

 

f:id:rashikichi:20160719182040p:plainメガミミロップミミロップナイト 特性:ぶきよう→きもったま

 

努力値:4-252-0-0-0-252

実数値: 

技構成:猫騙し 恩返し 飛び膝蹴り 電光石火

このパーティの飾り物。

メガユキノオーを軸に考えたときに、対策必須となるポケモン

がいますが(バシャーモやファイローは上の取り巻きで見れていると考えます)、

上記の対策必須ポケモンが出てくるとユキノオー軸は後手後手となり押し切られることが多いです。ですので、それらの選出を抑制する必要があります。そこでメガミミロップです。

こいつはタイプ受けが難しいので、以下のような数値受けするポケモンをものすごく呼びます。

クレセリア

スイクン

カバルドン

メガヤドラン

 

こういうやつらにはユキノオーが明確に有利なので、ミミロップによる選出誘導によりメガユキノオーの一貫が増すわけです。

(霰で月の光の回復が半減するのでクレセリアはCぶっぱメガユキノオーで押し切れます)

 

ようするにメガミミロップは出さないけど、左上に置いておけばいるだけでガルガブゲンのような選出に対して圧力をかけれるわけです。

 

技は猫恩返し飛び膝蹴りと、削れたファイアローボルトロスを猫+石火で縛れるかなと思って電光石火を採用してみました。

どくどくとかの方が良かったかもしれないです。

 

 

 

 

基本選出は

ユキノオー+カバ+ファイアロー

ロトム+カバ+ユキノオーorミミロップ

ロトム+ギルガルド+ユキノオー

 

メガユキノオーは適当に入れて強いことはないですが、役割をはっきりさせることでサイクル戦において強さを発揮すると思います。

 

みなさんもぜひ使ってみてください。

(そして強い構築教えてください)